So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)

 自民、公明両党は11日、国家戦略としてスポーツ施策を推進する国の責務などを明記した「スポーツ基本法案」を衆院に提出した。しかし、民主党が来年の通常国会で同様の法案提出を目指しているため同意を得るのは難しく、廃案になる見通し。スポーツ基本法案を巡っては、昨年7月にも当時与党だった自民、公明両党が議員立法で衆院に提出したが、廃案になっている。

ふるさと切手の販売一時中止=北方領土の一部欠落―日本郵便(時事通信)
都の漫画児童ポルノ規制条例 自公、修正案提出へ(産経新聞)
<口蹄疫>感染疑い家畜24時間以内に殺処分へ…農相が意向(毎日新聞)
<菅首相>沖縄県知事と15日に会談(毎日新聞)
<口蹄疫>「自衛しかない」 都城、県境「早く封じ込めを」(毎日新聞)

首相と谷垣氏がさや当て=日医パーティーで(時事通信)

 日本医師会(日医)の役員就任披露パーティーが1日夕、都内のホテルで開かれ、鳩山由紀夫首相(民主党代表)と自民党の谷垣禎一総裁が来賓として出席、参院選を前にさや当てを演じた。
 首相は、日医が民主党新人の推薦を決定したことに謝意を示し、「新しい医師会が、国民の命を守る新しい政治と共に歩んでいただくことを心から祈念する」とあいさつ。一方、谷垣氏は「去年の8月の(衆院)選挙で、皆さんの仲間のお医者さんの議員がずいぶん少なくなった。どうしても今度の参院選でもっと増やしたい」と訴えた。 

【関連ニュース
鳩山首相提案で黙とう=「謝謝、ありがとう」と李大統領
日韓首脳、哨戒艦事件で連携=李大統領、普天間合意を評価-EPA再開交渉格上げ
辺野古移設、着実実施で一致=日米首脳が電話会談
「困難だが正しい決断」と称賛=普天間移設で米国務長官
ラオスのWTO加盟に期待=首相

首相動静(6月3日)(時事通信)
言わざる小沢氏、代表選対応に民主内ピリピリ(読売新聞)
火災 新京橋商店街の6棟全半焼 大阪(毎日新聞)
次期衆院選に出馬せず=「退陣、国益につながる」―鳩山首相(時事通信)
続投強調「頑張るの一点」=鳩山首相(時事通信)

移動販売アイス店にみかじめ料を要求 組幹部に中止命令(産経新聞)

 建設中の電波塔「東京スカイツリー」(墨田区)付近で営業していたアイスクリーム店経営者にみかじめ料を要求したとして、本所署は27日、指定暴力団松葉会系組幹部(43)に対し、暴対法に基づく中止命令を出した。

 組幹部は「もう二度と要求はしません」と事実を認めているという。

 同署によると、組幹部は今月3日、スカイツリーの見物客目当てにアイスクリームを移動販売していた男性(27)に、「誰に断ってんの。お互いうまくやらないと、トラブルになったときに困るだろう。いくらか付き合ってくれよ」などと暗に金銭を要求した。

加藤被告の動機に証人「人間、誰でも起こりうることかも…」(産経新聞)
「就職難なのに」学生らに動揺…公務員採用半減(読売新聞)
「鑑定、不十分だった」=中国製ギョーザ中毒事件―警察庁長官(時事通信)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
「無駄」「根拠示して」 天下り法人ばっさり 仕分け第2弾後半戦(産経新聞)

口を真一文字に結び…小沢氏、検事とどう向き合ったのか(産経新聞)

 小沢一郎氏の再聴取は、東京地検特捜部が入る検察庁舎から、日比谷公園をはさんで真向かいに見える東京・内幸町の帝国ホテル東京で行われた。政権与党の幹事長が3回も聴取を受ける異例の事態。小沢氏はホテルの一室で検事とどう向き合ったのか。聴取前、自宅を出てホテルに向かう小沢氏は口を真一文字に結んだままだった。

 東京都世田谷区の自宅から小沢氏が姿を見せたのは午後0時15分。足早に車に乗り込み、港区の小沢氏のマンションに向かった。その後、マンションを出た小沢氏は、スーツ姿でワンボックスカーの後部座席に座り、背筋を伸ばして前を見据えた。

 午後2時半すぎ、小沢氏が乗る車がホテル裏口から地下駐車場に入る。これと前後して、ホテル周辺には100人以上の報道陣が次々と集まり、玄関や出入り口そばにはカメラマンらの脚立の列が物々しく並んだ。

 館内の宴会場では結婚披露宴が複数行われており、新郎新婦が記念撮影をしたり、多くのドレス姿の客が行き交っていた。都内の会社役員、金本正一さん(68)は「小沢さんですか? 再聴取は当然。最低でも幹事長は辞職するべきだ」と話した。

【関連記事】
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
小沢氏切れば支持率回復も 渡部氏、首相に“提言”
小沢幹事長 なぜ証人喚問に応じない
小沢氏、17日までに聴取へ 指揮命令権どこまで「共謀認定」焦点

首相動静(5月17日)(時事通信)
<CoCo壱番屋>シカ肉カレーを2店舗で提供 滋賀県内で駆除、地産地消(毎日新聞)
<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
国民新が元北九州市議長を擁立(産経新聞)

<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)

 新緑の森にかがり火が揺れる野外の特設舞台で、自然との共生をテーマに舞踊や能、クラシック音楽を繰り広げる「目白シンラート2010〜椿山篝火(かがり)舞台」(藤田観光主催、毎日新聞社共催、クラブ・コンシェルジュ協賛)が6日、東京都文京区関口の椿山荘であり、夕闇に浮かぶ舞台を観客らは静かに見入った。

 3夜にわたる舞台は5日に始まり、舞踊の市川春猿さんによる「鐘ケ岬」に続いて6日は、桜間右陣さんの能「杜若(かきつばた)」と野村萬斎さんの狂言「棒縛(ぼうしばり)」が演じられた。

 7日は川井郁子さんによる「新緑のバイオリンコンサート」がある。【望月一夫】

【関連ニュース
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
日本記者クラブ賞:本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授
バイオリン:土岐祐奈さんが優勝 ノボシビルスク国際コン

<GW>Uターンラッシュがピーク 5日まで(毎日新聞)
第一三共、中山副社長が社長に昇格へ(医療介護CBニュース)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
黒澤記念館を断念 財団、伊万里市に「資金難」 スピルバーグ氏ら理事解任(産経新聞)
撤去自転車取り返しは「窃盗」 所有者側「民事問題」と反論(J-CASTニュース)

金づちで女性殴りポーチ奪う 男を逮捕 東京・田町(産経新聞)

 27日午前1時50分ごろ、東京都港区芝のJR田町駅西口コンコースで、帰宅中の同区の女性(25)が、男に後ろから金づちで頭を殴られ、バッグに入っていた化粧ポーチ(8千円相当)を奪われた。女性は頭に軽傷を負った。

 目撃者からの通報を受けた警視庁三田署員が約150メートル先の路上で、男を発見、強盗傷害の現行犯で逮捕した。

 同署によると、男は住所不定、無職の佐々木敏容疑者(57)。同署によると、佐々木容疑者は「金がほしくてやった」と容疑を認めているという。

【関連記事】
成人式場で飲酒、警備担当に傷害容疑 無職20歳男を逮捕
無職長男をナイフで刺す 傷害容疑で75歳父を逮捕
暴走族の少年2人を傷害で逮捕 少年グループ同士が抗争 警視庁
事情聴取は必至…“強硬論”も飛び交う元朝青龍の暴行問題
京大院生、ひき逃げで逮捕 京都
「裸の王様」次に座るのは…

「維新の会」、大阪府議会で単独第2会派に 橋下新党きょう旗揚げ(産経新聞)
舛添氏「清潔な政治を目指していく姿で期待に応えたい」(産経新聞)
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児−福島(時事通信)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
新漢字「変換文化」意識…読めればOK、難字も(読売新聞)

平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務め、大阪都構想を掲げる地域政党「大阪維新の会」の発足から一夜明けた20日、大阪市の平松邦夫市長は「都制自体が時代錯誤で、基本政策の中身がない。知事はワン大阪でなくワン関西を目指すべきだ」と批判した。

 橋下知事が発足式後、平松市長について「政治家として見切りをつけた」と発言したことに対し、平松市長は「政治家になりたくて市長になったわけではない。知事の手法は仮想敵がないと燃えない。むしろ悲しみを感じ、同情を禁じ得ない」と皮肉った。

 大阪維新の会が候補者を擁立する5月23日投開票の福島区市議補選については「一つの選挙ですべて流れが変わるというのは違う」と静観する考えを示した。

【関連記事】
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」
偽ブランド品3万8千点を処分 大阪税関
地下鉄床下から煙、乗客100人避難 大阪市営千日前線
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
鳩山首相が帰国(時事通信)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)
現場吸い殻のDNA鑑定で逮捕=男2人、恐喝容疑−福岡県警(時事通信)

<小沢幹事長>5月訪米見送り…普天間の結論期で混乱を懸念(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は7日、今年2月にキャンベル米国務次官補から招請されていた5月の大型連休中の訪米を見送ることを決めた。5月訪米は政府が設定した米軍普天間飛行場移設問題の結論時期と重なるため、政府・与党内に「混乱を招く可能性がある」との懸念も出ていた。

 キャンベル氏は小沢氏と2月に会談した際に、小沢氏を含め党で議員団を組織し訪米するよう要請。小沢氏も「緊密な日米関係を築く目的で、大統領にも十分時間を取ってほしい」と前向きに検討する考えを伝えていた。

 米側は、小沢氏が昨年12月に民主党議員約140人を率いて訪中したことを念頭に、訪米を招請したとみられるが、小沢氏がオバマ大統領との会談を要求したことなどで米側にも慎重論が出ていた。【念佛明奈】

【関連ニュース
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も
小沢幹事長:参院選長野「2人目は党本部直営」
小沢幹事長:「民主党は政権党の認識がまだ甘い」
参院選:民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と

<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
平沼新党、午後に旗揚げ(時事通信)
<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
<窃盗容疑>新幹線グリーン車ですり、61歳男逮捕(毎日新聞)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)

<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)

 オワンクラゲから発見した「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)で08年にノーベル賞を受賞した米ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員の下村脩さん(81)=米国在住=が2日、クラゲ展示で知られる山形県の鶴岡市立加茂水族館を訪れ、一日館長を務めた。

 村上龍男館長から贈られたベニクラゲ模様のネクタイを締めた下村さんは、妻明美さん(74)と30種のクラゲを見学。緑色に輝くオワンクラゲに「光り方は弱いが、グリーンがはっきりわかる」と目を細め、「展示内容は想像以上。非常に難しい繁殖がうまくいっている」と絶賛した。

 クラゲ展示のヒットで、倒産の危機を乗り越えた加茂水族館。労をねぎらわれた村上館長は「ノーベル賞効果で増えた入場者数を計算したら5万4000人だった。直接お礼が言えるなんて、夢の中でも見られない夢」と感無量の様子だった。【長南里香】

【関連ニュース
脂肪燃焼ホルモン:運動と同様の効果 東大チームが検証
雑記帳:クラゲの水族館、来館者数がV字回復 山形・鶴岡
サリドマイド:奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大
かながわ遊ナビ:ランドマークタワー空中庭園 カラフルな光と海の生物展示 /神奈川
脂肪燃焼ホルモン:運動同様の効果 東大チームが実証

<放鳥トキ>佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)
普天間政府案、外相「抑止力維持の検討必要」(読売新聞)
小沢氏が資産等報告書訂正…ホテルの土地など(読売新聞)
台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。